happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryアジア・オセアニア

台北・桃園国際空港に深夜着いてしまった時の有意義な過ごし方を台湾大好き冒険家がレクチャー!

台北へ行くとき、安い飛行機を選ぶと、夜の11時以降に空港につく便だった、という事が多々あります。そんな深夜着の便になってしまった時どうしますか?桃園国際空港の両替所事情や、空港泊のしやすさ、街中へ出られるかどうかを説明します。

台北に深夜着したらどう過ごそう?

こんにちは!うなお丸です。


ローコストキャリア(LCC)などで台湾へ行くとき、深夜に到着してしまう、という事が多々あります。

LCCは早朝出発便であったり、深夜の離発着便が多いので、そういった意味ではそこからどうやって移動するか?そして深夜どのように過ごすのか?がネックになってきます。今回はそういった深夜着の便で空港についたら、と言う点に絞って解説をしていきたいと思います。


なお、記事の中に登場する料金は

1台湾元=1.66円(2020年2月レート)にて計算しています。

台北に深夜着したら両替はできる?

台湾旅行の際に必要になる、台湾通貨。

日本で両替すると手数料が高いので、台湾についてからする、という人もいるのではないでしょうか。


台北の玄関口にあたる桃園国際空港には、いくつもの両替所があります。

空港に飛行機が発着する時間帯は、両替所を開けていなくてはいけない、という決まりがあるので、24時間開いている店舗もあります。

なので、真夜中についても両替に困ることはありません。


第一ターミナル、第二ターミナルともに、税関を抜けてすぐのところに台湾銀行の両替所があります。

そこは24時間お店が開いていて、いつでも旅行客を待ってくれています。


なお、写真は2019年12月当時のレートになってます。