happy-travel[ハッピートラベル]

記事のサムネイル

Categoryアメリカ

アメリカでビール&IPAを飲もう!ビールの種類や日本とは違う飲酒の法律を解説!

アメリカのビールの種類や特徴、人気のビール、幻のビール、個人的なお勧めのビールを紹介します! これを読めばアメリカのビールのことが良く分かるはず! また、アメリカ旅行で立ち寄りたい醸造所、注意点などもまとめました。

アメリカビールの特徴

こんにちは!ビール大好きなアメリカ人夫を持つカザフスタン在住ライター藍です!

国によってビールの製造方法が変わるため味も変わってきます。

アメリカのビールの主流はのど越しの良いアメリカンラガービールです。

日本人のビールと製造方法が似てるため、日本人にも飲みやすいビールです。

そして最近アメリカで人気が出てきているのがクラフトビール。

クラフトビールとは小規模な醸造所が作るビールのことで、その土地でしか飲めない地ビールや個性的なビールが楽しめます。

アメリカビールの歴史

アメリカにはもともと今のようなビールは無く、初めてアメリカに来たイギリス人達によって広まっていったといわれています。そのころのビールはイギリスでよく飲まれていたエール系が主流。

元々は家庭で作られていたビールも産業革命ととも発展して行き、ドイツ系移民によって大きなビジネスになって行きました。

この頃広まったのはドイツで流行っていたラガービール。

その後急に出まわったビールでアルコール依存症の患者が増え1920年から13年間禁酒法と言う法律まで出来ました。

沢山あったビール会社は生き残れず、大手メーカーのバドワイザー、ミラー、クアーズがほぼ市場を独占しました。

禁酒法がなくなった現在でも大手3社は市場を独占していますが最近はクラフトビールが人気を挙げて言っています。

大量生産できる安くて飲みやすいラガーは多くの人に愛されますが、もっと色んな味を楽しみたいという人が増えてきたのです。

元々家庭内でビールを創る文化があったアメリカ。

マイクロブルワリーと呼ばれる小規模の蔵醸所がたくさん作られるようになりました。